子育て・育児をしながらキレイに。妊娠、出産、美容情報も配信

menu

美シュフ

排卵検査薬はどこで買える?種類と通販・販売店について

公開日: 更新日:
ovulation_test_kit0302

自分の排卵日を知ることは、妊娠を望む女性にとってとても大切なことです。ベストタイミングを知りそれにあわせて行動することでよりスムーズに妊娠することができます。

そんな理由から排卵検査薬を購入しようと思われてる方も多いと思います。しかし、排卵検査薬といっても、日本製と海外製、そして様々な種類があり、私がそうであったように、どれを購入すればいいか迷う人も多いでしょう。そこで今回、日本製と海外製の排卵検査薬の種類やその違い、通販についてわかりやすまとめてみました。

基礎体温では正確な排卵日を特定できない

まず妊娠するために知っておきたいのが、最も妊娠しやすい時期は「排卵の2日前」ということです。そしてよりスムーズに妊娠するためには、自分の排卵日を正確に知ることが重要ですよね。

妊活中の方で基礎体温を計っている人は多いと思います。確かに基礎体温表を作成することで、自分に排卵期があるかどうかを知ることができたり、体調の変化を早めに気づくことができたりといい事ずくしなのですが、「排卵日を特定する」という事になると話は別です。実は基礎体温を記録するだけでは正確な排卵日を特定することはできないのです。

凄く簡単に説明すると、基礎体温表を構成しているのは低温期と高温期の2つの時期です。その2つの時期の分かれ目が排卵期です。ということは高温期というのはすでに排卵した後ということになります。なので、基礎体温表で記録していて高温期になったとわかってからでは遅いということになります。

でもその表から「次の排卵日を予測すればいいだけじゃないか」と思うかもしれませんが、その場合もなんとなくの予想になってしまって正確な排卵日を特定することはできないのです。生理不順の人は特にわかりにくいですよね。

それに基礎体温を記録している方なら分かると思うのですが、毎朝決まった時間に測ったりと結構大変で面倒ですよね。測る位置で体温が変わったり、少し動いただけで体温が上昇したりと大変です。

そこで排卵検査薬の必要性が出てくるのです。

排卵検査薬とは?

女性の体は排卵前にはLH(黄体形成ホルモン)というホルモンが急激に増加します(このことをLHサージと呼びます)。

このLHサージが起こると36時間以内に排卵が起こると予測されます。つまり排卵検査薬とは、このLHサージの増加をチェックすることで排卵するタイミングを予測することができる検査薬なのです。

そして排卵検査薬には日本製と海外製があるのですが、それぞれの特徴とおすすめを以下でまとめてみました。

排卵検査薬の種類と販売店(日本製)

まず始めに日本販売されている排卵検査薬は、2009年6月から施行された薬事法改正で、医療用体外診断用医薬品になるので薬剤師による対面販売でしか購入することができません。

また購入の際に名前や住所を記入する必要があります。ちなみに広告や陳列も禁止されているため、店頭を探してもみつからないので、購入する際は、薬剤師さんに声をかける必要があります。

当然日本製の場合は通販で購入することはできません。なので、通販で排卵検査薬の購入を考えている方は必然的に海外製の検査薬を購入するということになります。

P-チェックLH

3段階の検出法を採用しているので、低域から広域まで幅広くLHの増加が検出できる排卵検査薬です。判定部のラインの本数が増えることで排卵日を予想することができます。また、感度が高いので、LHの分泌量が少ない方でも判定できるという特徴があります。

排卵日を予想できる時期 1〜1.5日前
尿をかける時間 5秒以上
判定時間 10分
感度 10IU/L
1回あたりの価格 426円
価格(税込) 2980円/7回分
販売店 薬局

チェックワンLHⅡ

わずか3分で判定可能な排卵検査薬。他の製品に比べて判定時間が短いので、短時間で結果を得ることができます。通常LHピークのLH濃度が40IU/L以上とされていることから、チェックワンLHⅡでは、検出可能な感度を40IU/Lと設定しています。

排卵日を予想できる時期 1〜1.5日前
尿をかける時間 5秒
判定時間 3分
感度 40IU/L
1回あたりの価格 368円〜
価格(税込) 2,310円/5回分 3,675円/10回分
販売店 薬局

チェックワンLH デジタル

チェックワンLHⅡ同様にわずか3分で結果がわかる検査薬。違いとしてはデジタル表示で陽性と陰性を表示するので、判定結果が見やすいという特徴があります。

排卵日を予想できる時期 1〜1.5日前
尿をかける時間 5〜7秒
判定時間 3分
感度 40IU/L
1回あたりの価格 400円〜
価格(税込) 2,940円/5回分 3,990円/10回分
販売店 薬局

新ドゥテストLH

1本当たり342円〜と他の製品に比べて価格が安く、感度も良いため人気の製品です。スティックに尿を2秒かけるだけというお手軽さもあり、素早く検査をすることができます。

排卵日を予想できる時期 1〜1.5日前
尿をかける時間 2秒(5秒以上かけない)
判定時間 5分
感度 30IU/L
1回あたりの価格 342円〜
価格(税込) 2,916円/7回分 4,104円/12回分
販売店 薬局

排卵検査薬の種類と販売店(海外製)

ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア


【妊娠お助け隊】ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬 20回分 728 x 90

1本当たり69円〜と格安で買えることから経済的で人気の製品です。また、2日前から排卵日を予想できるので、ベストタイミングを逃す心配がありません。 感度も20mIUで米国ではNo.1の感度です。ワンステップ排卵検査薬クリアは海外製ですが、FDA(米国食品医薬品局)認定なので安心です。また、日本語説明書も付属しているので、使い方がわからないといったこともありません。

※FDA(米国食品医薬品局)とは、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関のことです。
※2016年3月22日よりワンステップ排卵検査薬が改良され、「ワンステップ排卵検査薬クリア」に商品名が変更されました。

排卵日を予想できる時期 2日前
1回あたりの価格 69円〜
価格(税込) 1,960円/20回分 4,300円/50回分 7,900円/100回分 13,800円/200回分
説明書 日本語説明書付き
販売店 インターネット

ワンステップ排卵検査薬クリア

クリアブルーイージーデジタル


クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬 20本入り 468 x 60

デジタル窓を採用していて、ニコちゃんマークでくっきり判定してくれる検査薬。デジタルなので薄くてわからないといったことがなく、はっきり判定してくれます。しかしその分値段も1本当たり479円と高いのがネック。

日本製のチェックワンLHデジタルと全く同じ仕組みで、品質も同じですが、チェックワンLHデジタルが、排卵日の予測が1〜1.5日前なのに対して、クリアブルーイージーデジタルは2日前から予測できるので、日本製のクリアブルーを買うよりは海外製のほうを買う方がベストタイミングを逃さないのでおすすめです。

排卵日を予想できる時期 2日前
1回あたりの価格 479円
価格(税込) 9,580円/20回分
説明書 日本語説明書付き
販売店 インターネット

クリアブルーイージーデジタル

クリアブルー排卵検査器タッチパネル式


クリアブルー排卵日検査器タッチパネル式 468 x 60

5日前に排卵予定日がわかる、世界で唯一のタッチパネル式の排卵検査器です。他の海外製の検査薬が2日前から予想できるのに対して、5日前からわかるので、前もって予定を立てることができるので、タイミングをとりやすいです。

2つのホルモンを検出することで、より正確な妊娠可能日を得ることができます。その他にも生理周期を記録できたり、LHピーク前の妊娠可能性が高い時期もわかるという本格的な排卵検査器。しかし、高性能なだけあって値段がかなり高価なので、本気で妊活を目指す人向けの製品です。

排卵日を予想できる時期 5日前
価格(税込) 54,800円
説明書 日本語説明書付き
販売店 インターネット

クリアブルー排卵検査器タッチパネル式

日本製と海外製どちらを買えばいい?

正直、排卵検査薬といっても、先ほど説明したとおり、色々な製品が出ていてどれを買えばいいか迷いますよね。そこで私の考えを書きたいと思います。まず、「日本製と海外製どちらを買えばいいか?」ですが、今すぐに商品が欲しい場合は日本製の一択です。

そしてその中でのおすすめは、新ドゥテストLHです。理由としてはやはり値段が342円〜と他の日本製の商品より安いということと、感度も良いからです。感度だけで言えばP-チェックLHのほうが上ですが、一本当たり426円と新ドゥテストLHと比べて100円以上も高くなります。

なので、LHの分泌量が少ない方にはP-チェックLHはおすすめですが、通常、新ドゥテストLHで十分だと思います。

しかし、日本製の検査薬の場合、排卵日を予想できる時期が1〜1.5日前なので、最初に説明した最も妊娠しやすい時期の「排卵2日前」を逃してしまうことになります。また、薬局などの薬剤師がいる所でしか買うことができず、対面販売で氏名や住所などを記入しないと購入することができないため、買いづらいというデメリットもあります。

なので、すぐに欲しいという方以外には海外製がおすすめです。そして海外製でおすすめなのが、断然「ワンステップ排卵検査薬クリア」です。なんといっても1本当たりの価格が69円〜と他の製品に比べて圧倒的に安く、それでいて排卵日を予想できる時期が2日前からなので、最も妊娠しやすい時期の排卵日2日前を逃す心配がありません。

確かに、クリアブルーイージーデジタルはデジタル表示で見やすく、日本製のチェックワンLH デジタルと同じ品質なのは魅力ですが、現実的に毎回使用することを考えると、やはりワンステップ排卵検査薬クリアの方が経済的で毎回使用するにはおすすめです。それに、ワンステップ排卵検査薬クリアもFDA(米国食品医薬品局)認定なの品質面でも安心なのです。

なので、よほどデジタルで見やすいほうがいいという方以外はワンステップ排卵検査薬クリアがおすすめです。

以上長くなりましたがまとめると。

日本製のメリット
・薬局ですぐに買える
・日本製という安心感がある

日本製のデメリット
・最も妊娠しやすい時期の排卵日2日前を逃す心配がある
・対面販売で氏名や住所を記入する必要がある
・通販で購入することができない

海外製のメリット
・日本製に比べて価格が安い
・排卵日2日前から予測できる
・通販できるので気軽に買うことができる

海外製のデメリット
・商品が届くまで1週間ほどかかる
・欲しいと思った時にすぐに買えない

日本製、海外製ともに、メリット、デメリットがあります。上記で説明したのを参考に自分にあった検査薬を購入するようにしましょう。

最後に注意ですが、中国から発送の安価な排卵検査薬の中にはFDA(米国食品医薬品局)から承認された排卵検査薬と嘘の表示をして販売されている所もあるみたいです。

中国出荷の商品はFDAで認可することはできないので、安価だからといってこういった商品を購入しないように注意してくださいね。

ワンステップ排卵検査薬クリア

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
雑誌でも人気のDUOザクレンジングバームを使ってみた感想